「Apple Watch」向けアプリ開発ツールセット「WatchKit」

2014年09月12日

「Apple Watch」向けアプリ開発ツールセット「WatchKit」 (ウェアラブル端末用Android)

「Apple Watch」向けアプリ開発ツールセット「WatchKit」 (ウェアラブル端末用Android)

比較
ウェアラブル端末用Android Wearアプリ開発の基礎知識
 
 //////
"Apple Watch" for application development toolset "WatchKit" 


Third-party apps on Facebook "Apple Watch" for, Twitter, such as Nike has been introduced in launch event, but it is expected to provide developer tools set of "WatchKit" will be next year. 

September 9 (local time), the United States Apple announced a wristwatch-type terminal that was announced today, "Apple Watch" for application development toolset "WatchKit". 

In the event, after a third-party app Apple Watch, Kevin Lynch of Technology Vice President introduced the app Facebook, Twitter, Pinterest, such as Nike, I announced the WatchKit. 

  kit 1 
Kevin Lynch to introduce Watch version Twitter app 
WatchKit is made up of API tools and provides start to the developers that will (later next year) next year. The app, be incorporated can respond directly to the push notification and "Fragrance" to display the latest information that you swipe on the dial such as "action notification", control and communications capabilities of Apple Watch. 

  kit 2 
Launch of Apple Watch is expected to 2015. Price's from $ 349. I cooperating not only 6,6 Plus iPhone announced the same day, both 5 / 5s / 5c iPhone.
//////
「Apple Watch」向けアプリ開発ツールセット「WatchKit」


発表イベントでは「Apple Watch」向けのFacebook、Twitter、Nikeなどのサードパーティーアプリが紹介されたが、開発者向けツールセット「WatchKit」の提供は来年になる見込みだ。

米Appleは9月9日(現地時間)、同日発表した腕時計型端末「Apple Watch」向けアプリ開発ツールセット「WatchKit」を発表した。

 イベントでは、テクノロジー担当副社長のケビン・リンチ氏がApple Watchのサードパーティー製アプリとして、Facebook、Twitter、Pinterest、Nikeなどのアプリを紹介した後、WatchKitを発表した。

 kit 1
Watch版Twitterアプリを紹介するケビン・リンチ氏
 WatchKitはツールやAPIで構成されており、開発者への提供開始は来年(later next year)になるという。アプリには、文字盤を上にスワイプすることで最新情報を表示する「グランス」やプッシュ通知に直接対応できる「アクション通知」など、Apple Watchの制御・コミュニケーション機能を組み込める。

 kit 2
 Apple Watchの発売は2015年の見込み。価格は349ドルからだ。同日発表のiPhone 6、6 Plusだけでなく、iPhone 5/5s/5cとも連係する。

//
アップル、「Apple Watch」アプリ開発キット「WatchKit」を発表

Appleは、米国時間9月9日のイベントで「Apple Watch」を披露するとともに、同スマートウォッチ用アプリとサービスの開発者を支援する「WatchKit」を発表した。

 
提供:James Martin/CNET
 Adobeの元幹部で、同社を退職してApple Watchを手がけているKevin Lynch氏は、9日午前のイベントで、「WatchKitを利用すれば、リッチでアクション通知が可能なアイテムを開発できる」と語った。

 開発者はWatchKitを使って、これまで「iPhone」や「iPad」用アプリを開発してきたように、Apple Watch向けのサードパーティーアプリを開発することができる。

 「Apple Watch」を写真でチェック
「Apple Watch」を写真でチェック
 すでに一部のサードパーティーから、同ウェアラブル端末用のアプリが発表されている。例えば、Twitter、American Airlines、Starwood Hotels & Resorts Worldwide(客室の解錠)、Pinterest、BMW(自動車の位置情報サービス)、Honeywell(コネクテッドホーム制御)などだ。

 音楽制作モバイルアプリを開発するSmuleの最高経営責任者(CEO)Jeff Smith氏は、「デザインがすっきりしていて使いやすいだろう。私の母親でも使えるかもしれない。しかし、すでに市場に出ている他の(『Android Wear』)デバイスはどうだろうか」と語った。Smuleは、iPhone用アプリを最初に手がけたサードパーティーの1つだ。

 WatchKitを開発者向けにリリースする時期について、Appleは明らかにしていない。Apple Watchそのものは、2015年春のリリース予定だとAppleは述べている。

//
Apple Watch

「One more thing」として登場した、アップル製の腕時計型ウェアラブルデバイス。S1プロセッサを内蔵する。時計機能はもちろん、スケジュールやカレンダー、電話応答、メッセージ、音楽再生、音声コマンドSiriなどが利用できる。GPSや加速度センサー、背面に心拍計などを備え、活動量や消費カロリーの目標設定など、フィットネス連係機能も搭載。液晶はマルチタッチ対応で、側面のダイヤルで画面の拡大・縮小、ホーム表示操作などが可能。

利用にはiPhone 5 / 5c / 5s / 6 / 6 Plusが必要。上記のモバイル決済サービスApple Payにも対応する。

ジャンル:スマートウォッチ
価格:349ドル
発売時期:2015年初頭
//
参考
「Apple Watch」はこれまでのスマートウォッチと何が違うのか?
///////

Apple watch - Google News
Powered by RSSリスティング
アップルウオッチ - Google News
Powered by RSSリスティング

///////


 


rikezyo00sumaho at 07:07|PermalinkComments(0)