「note」は個人の発信とコミュニケーション

2014年08月01日

「note」は個人の発信とコミュニケーション

「note」は個人の発信とコミュニケーション


 //////
Veteran editors had their "note" to achieve one-stop communication and dissemination of personal, up to billing 


You can view the article about 4600 lines of columnist and creator at 150 yen a week "cakes". Piece of cake maker of cakes this is, was published on April 7 media platform for individuals to "note". 

In note, it can be published by posting a single platform called "note" the content (images and short such as Twitter) talk, (photos and illustrations), text, sound, images and movies. It's also possible that you can take to communicate with other users in the note on, you can put "Like!" similar to "like" the favorite posts, or to view the updated information on the timeline and to follow other users . To match the time zone and user preferences, and that recommendation also optimal content. 

Also, in addition to charges for the content unit, continued billing in the entire content has also become (billing to a movie and continue billing correspondence future) possible, and can be specified in free up to where I might be "fliers" If you want to charge . And settlement fees, 10% of the amount obtained by subtracting the settlement fee (5%) from the sales price is the sales commission of the content. Settlement means I only current card, but I corresponds to the settlement of various means in the future. 

"Where can work comfortably is creator of the individual, you want to place in the business here, and that to eat rice" - Kato SadaAkira Mr. Piece of cake Representative Director, CEO says. Kato entrepreneurship in After involved in editing magazines and books, e-book with a diamond company and ASCII. I published the cakes in 2012. 

cakes's platform content of celebrity has become central. But Kato said that he was also interested in making a platform that can be originated in the individual anyone from that time. If you have writer has issued a book "For example, fans are buying it. But magazine is a place" and "encounter for. Writers they happen to have the series is also a magazine writer, book a place of" Communication and I wanted to also proposed for individuals, what was said this. '"(Kato) 

Kato think place of such meeting, are you online function as a place of communication, whether not online salon or e-mail magazine. However, expressive power also poor in the e-mail magazine, question and answer corner to some extent interactive portions. Content becomes poor communication is at the center online salon on the other hand. Goodness of "web-interactive (as in online salon mail or magazine) Close" "location and, if you can integrate the place" open ", Mr. Kato of the present of the future what it can. At open, you can share preach that it "or not is the way to figure. Therefore, in the note, and that's to provide and use a single place that is open like Twitter or free blog, forum for communication for a fee, a place to sell the content for a fee. 


If you write this, you might think as well as services for the creators, but Kato has said even as "I want you to use a blog to personal feeling." Also I tried to use the demo actually, but it's nimble, such as posting of text (Kato had said "was conscious of Medium," but) has adopted a user interface very intuitive, and photos also only upload, so look decent. Aside or sell content in future pay, it would be good to try to use as a free blog first.


//////
ベテラン編集者が手がける「note」は個人の発信とコミュニケーション、課金までをワンストップで実現する


週150円でクリエーターやコラムニストの記事約4600本を閲覧できる「cakes」。このcakesを手がけるピースオブケイクが、個人向けのメディアプラットフォーム「note」 を4 月7 日に公開した。

noteでは、トーク(Twitterのような短文と画像)、イメージ(写真やイラスト)、テキスト、サウンド、ムービーといったコンテンツを1つの「note」というプラットフォームに投稿して公開できる。note上でほかのユーザーとコミュニケーションをとったり、お気に入りの投稿に「いいね!」同様の「スキ」をつけたり、ほかのユーザーをフォローしてタイムライン上で更新情報を閲覧したりすることも可能だ。ユーザーの好みや時間帯に合わせて、最適なコンテンツもレコメンドするという。

また、コンテンツ単位での課金、コンテンツ全体での継続課金も可能(継続課金およびムービーへの課金は今後対応)となっているほか、課金する場合はどこまでを無料で「チラ見せ」するかも指定できる。決済手数料および、販売価格から決済手数料(5%)を引いた額の10%がコンテンツの販売手数料となる。決済手段は現在カードのみだが、今後は各種の決済手段に対応する。

「個人のクリエーターが気持ちよく活動できる場所、ここでビジネスをして、ごはんを食べられるようにするという場所にしたい」——ピースオブケイク代表取締役CEOの加藤貞顕氏はこう語る。加藤氏はアスキーやダイヤモンド社で雑誌や書籍、電子書籍の編集に携わったのちに起業。2012年にcakesを公開した。

cakesは著名人のコンテンツが中心となったプラットフォームだ。だが加藤氏は当時から誰でも個人で発信できるプラットフォームを作ることにも興味を持っていたのだという。「たとえばある作家が書籍を出した場合、それはファンが買っている。でも作家は雑誌にも連載を持っていたりする。作家にとっては雑誌は『出会いの場』であり、書籍は『コミュニケーションの場』。こういったものを、個人向けにも提案したいと思っていた」(加藤氏)

そういった出会いの場、コミュニケーションの場としてオンラインで機能しているのは、メールマガジンやオンラインサロンではないかと加藤氏は考える。だが、メールマガジンでは表現力も乏しく、インタラクティブな部分も質疑応答コーナーがある程度。一方でオンラインサロンはコミュニケーションが中心でコンテンツが乏しくなる。加藤氏は「ウェブの良さはインタラクティブで、オープンで、シェアできること。(メールマガジンやオンラインサロンのように)『閉じる』場所と、『開いている』場所を統合できれば、それこそが未来の本の姿になるのではないか」と説く。そこでnoteでは、無料ブログやTwitterのような開かれた場と、有料でコミュニケーションする場、有料でコンテンツを販売する場を1つにして提供するのだという。


こう書くと、クリエーター向けのサービスのようにも思うかもしれないが、加藤氏は「個人にブログ感覚で利用して欲しい」とも語っている。僕も実際にデモを利用してみたのだが、テキストの投稿などは(加藤氏は「Mediumを意識した」と語っていたが)非常に直感的なユーザーインターフェースを採用しており軽快だし、写真もアップロードするだけで、それなりの見栄えになる。将来有料でコンテンツを販売するかはさておき、まず無料ブログとして利用してみてもいいだろう。
//////

ここ
//////
 
 


rikezyo00sumaho at 07:18|PermalinkComments(0)