SNS上でのワールドカップへの関心度、世界230カ国中1位が日本

2014年06月12日

SNS上でのワールドカップへの関心度、世界230カ国中1位が日本

SNS上でのワールドカップへの関心度、世界230カ国中1位が日本 
//////
Degree of interest to the World Cup in SNS on, 1 in 230 countries in the world is Japan

Adobe Systems, surveyed 230 countries around the world or whether it is referred to the extent to which social media on for the "2014 FIFA World Cup." As a result, it was announced at the top of the country in Japan (37%), and was the top by far the United Kingdom (11%) at the 2-position.

This study, using an analytical solution for social media the company's "Adobe Social", collects and Facebook Twitter, Google+, the data of social media of Instagram, etc. to date from June 2013, were analyzed thing. As a result, Japan has the highest with about 37% in the reference rate of the country, became the first place of a large margin in second place below. Was followed by second place 11% of the UK, third in 9% of Brazil, 8% in Germany 4, 5 is 8% of the United States. By region, the result was the Asia Pacific region accounted for 48% of the total, a high level of interest in the World Cup in the region is suggesting.

In addition, of the data collected to date, in addition to became the 69 million or more times, and break through the 19 million times to greet the opening this month in the number of mentions month, a reference to the World Cup Super Bowl and Sochi Olympic I exceeded. Etc. are mentioned in the country of 90% of the world further, the Soviet Union - became a sporting event that went up to the most talked about in the media Shall. Top of mention the number of players Another Cristiano Ronaldo mentioned 1.5 million times in just May. Then continues Neimaru players (1.2 million times), Sergio Ramos players (100 million times).
//////
SNS上でのワールドカップへの関心度、世界230カ国中1位が日本 

アドビ システムズは、「2014 FIFA World Cup」についてソーシャルメディア上でどの程度言及されているかを世界230カ国を対象に調査を実施。その結果、国別でのトップは日本(37%)で、2位の英国(11%)を大きく引き離してトップであったと発表した。

この調査は、同社のソーシャルメディアに対応する分析ソリューションである「Adobe Social」を使って、2013年6月から現在までのTwitterやFacebook、Google+、Instagram等のソーシャルメディアのデータを収集し、分析したものだ。その結果、国別の言及率では日本が約37%と最も高く、2位以下に大差をつけての1位となった。2位は英国の11%、3位はブラジルの9%、4位がドイツの8%、5位が米国の8%と続いた。地域別では、アジアパシフィック地域が全体の48%を占め、同地域のワールドカップへの関心の高さがうかがえる結果となった。

また、現在まで収集されたデータのうち、ワールドカップへの言及は6,900万回以上となったほか、月間の言及数では開幕当月を迎えるまでに1,900万回を突破するなど、ソチオリンピックやスーパーボウルを上回った。さらに世界の90%の国で言及されるなど、ソ-シャルメディアで最も話題に上ったスポーツイベントとなった。選手別での言及回数のトップは、5月だけで150万回言及されたクリスチアーノ ロナウド選手。次いでネイマール選手(120万回)、セルヒオラモス選手(100万回)と続いている。
//////


rikezyo00sumaho at 07:09|PermalinkComments(0)