ロボット事業の戦略(スマホがロボットになる日) 

2014年06月06日

ロボット事業の戦略(スマホがロボットになる日)  異業種参入 (世界でのイメージ)

ロボット事業の戦略(スマホがロボットになる日)  異業種参入 (世界でのイメージ)

ロボットが家電・スマホになる日が来る??

 Strategy of the robot business Entering into other industries (Image in the world)
//////
Struggling Japan robot business venture, the fund-raising

You have begun IT companies in the world after another in robot business. Acquisition of related companies by major venture has also been activated, attention to Japan bias with a particularly high technical capabilities is high.

Last year, the U.S. Google has acquired all at once eight companies robot-related companies. Shaft of the University of Tokyo-based venture were included in. Last year, the shaft with a track record that you participated in disaster relief robot contest the U.S. Defense Advanced Research Projects Agency (DARPA) sponsored, earns the top.

This year, the U.S. semiconductor giant Intel invested in venture ZMP of Japan dealing with automatic operation technology development of the car. I have embarked on the acquisition of companies such as Softbank major U.S. IT companies such as Amazon.com and Apple, this time, expressed its full-scale entry into the robot business is competing this addition.

There are a number of robot venture that is also found in non-ZMP and shaft, leading each company to have sent a heat line of sight in Japan in particular.

Cyberdyne of Tsukuba departure robot venture that was listed on the Tokyo Stock Exchange Mothers in March, attention Robosutsu to extend and enhance the body function in the "HAL" If you install. It is expected used in gait training, such as nursing care and welfare facilities, demand is growing in developed countries in the future, aging population.

'S technology is high in the country to venture "not quite gather funds" (academics). there was no fund companies and domestic shaft also us to cumene developing large sums of money.

Yamaguchi Heihachiro deputy chief scientist of the Information and Communication Research Institute, pointed out that "U.S. IT companies are caught robot will become a new growth areas" he said. Policies include the development and deployment of next-generation robot to a new growth strategy for the government to develop this month in Japan. For U.S. IT companies to introduce the generously funds, strategy development funds spreads in promising companies in the country has been required.
//////
ロボット事業 日本ベンチャー、資金集めに苦労

世界のIT企業がロボット事業に相次ぎ乗りだしている。大手による関連ベンチャー企業の買収も活発化しており、特に高い技術力を持つ日本勢への注目度は高い。

 米グーグルは昨年、ロボット関連企業8社を一挙に買収した。中には東大発ベンチャーのシャフトが含まれていた。シャフトは昨年、米国防総省国防高等研究計画局(DARPA)主催の災害救助ロボットコンテストに出場し、トップの得点を獲得した実績を持つ。

 米半導体大手インテルは今年、車の自動運転技術開発を手がける日本のベンチャーZMPに出資。このほか米アップルやアマゾン・コムなど米大手IT企業、今回、ロボット事業への本格参入を表明したソフトバンクなどが競って関連企業の買収に乗り出している。

 特に日本にはシャフトやZMP以外にも、大手各企業が熱視線を送っているとみられる多くのロボットベンチャーがある。

 3月に東証マザーズに上場した筑波大発ロボットベンチャーのサイバーダインは、装着すると身体機能を拡張・増強するロボスーツ「HAL」で注目を集める。介護・福祉施設などの歩行訓練で使われ、今後、高齢化が進む先進国で需要が高まると期待されている。

 ただ、国内では技術力が高くてもベンチャーには「なかなか資金が集まらない」(大学関係者)。シャフトも多額の開発資金を工面してくれる国内の企業やファンドがなかったという。

 情報通信総合研究所の山口平八郎副主任研究員は「米IT企業はロボットが新たな成長分野になると捉えている」と指摘。日本でも政府が今月策定する新たな成長戦略に次世代ロボットの開発や普及を盛り込む方針。惜しみなく資金を投入する米IT企業に対し、国内でも開発資金が有望企業に行き渡る方策が求められている。
//////


//////
ソフトバンク、ロボット事業を開始 - 孫 正義氏がロボット「Pepper」を紹介


ソフトバンクは6月5日、世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」の開発および一般販売を発表した。同日、千葉県・舞浜の舞浜アンフィニティシアターでソフトバンクの代表取締役社長 孫 正義氏が記者会見を行なった。

【もっとほかの写真をみる】

孫氏はこの発表会を「100年後、200年後、300年後に、あの日が歴史的な日だったと言われるようになると思う。ロボット史上初めて、感情や心を与えることになった」とし、その意義を説明。その後、「Pepper」の紹介を行なった。

「Pepper」は6日よりソフトバンクショップの銀座店、表参道店で一般公開される。単純に「Pepper」を見られるだけではなく、「Pepper」自身が店舗内を動き回り、顧客対応も行なう予定だ。

「パーソナルロボット」と呼ぶように、一般家庭向けに販売する予定。19万8000円(税別)の価格で、2015年2月からソフトバンクショップやソフトバンクのオンラインストアで購入できるようになる。

Pepperの特徴は、単なるロボットではなく、「感情認識エンジン」を搭載した人とのコミュニケーションを図れるロボットである点だ。

Wi-Fiを搭載しており、クラウド上のデータセンターと接続し、各家庭やソフトバンクショップで得た知見、コミュニケーションスキルをそれぞれの「Pepper」にフィードバックしていく。

ベースとなるコミュニケーション能力のほかに、開発者が「ロボアプリ」と呼ばれるアプリを開発して「Pepper」の機能を拡張できるSDKも配布する予定。会場では、タレントと掛け合いを演じるなどのデモンストレーションも行なわれ、開発者にとって魅力あるプラットフォームの一端を見せていた。

サイズは1210mm(高さ)×425mm(奥行)×485mm(幅)で、重量は28kg。駆動時間はショップにおける利用を想定した場合で12時間以上。

移動速度は最大で時速3kmとなり、移動可能な段差の最大の高さは1.5cm。通信はWi-FiのIEEE 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)と、有線LAN(イーサネットポート1000base T)を1基搭載している。

センサーは、頭頂部に集音マイクを4つ搭載しており、相対する人間がいる方向を検知できる。ひたい部分にはRGBカメラが2つ搭載されており、人間の顔を認識。また、3Dセンサーが1つ、タッチセンサーが3つ搭載されている。

胸部にはジャイロセンサーが1つ、手にはそれぞれタッチセンサーが1つずつ搭載。脚部には、障害物との距離などを測るソナーセンサーが2つ、レーザーセンサーが6つ、バンパーセンサーが3つ搭載。また、ジャイロセンサーも1つ搭載している。

全身に20個のモーターが組み込まれており、頭や肩、肘、手首、手、腰、膝が自由に動く。胸部には10.1インチのタッチディスプレイを搭載しており、Pepperの感情を表わす色や、用意したアプリによってさまざまなコンテンツを表示できる。

OSは「NAOqi OS」を採用し、共同開発したALDEBARAN Robotics SASがすでに提供しているロボット「NAO」との互換性を持つ。「NAO」向けに開発されたアプリケーションを「Pepper」で、「Pepper」向けに開発されたアプリケーションを「NAO」で動かすことができる予定だ。
//////
Magoseigi Mr. introduce robot "Pepper" - start Softbank, the robot business


June 5, Softbank announced the general development and marketing emotion recognition personal robot of the world's first "Pepper". On the same day, President & CEO Masayoshi Son of Softbank's have done a press conference in Maihama Infini security theater of Chiba Maihama.

[I see pictures of other more]

Mr. Sun is "the first time. Robot in history, was supposed to give the mind and emotions I think 100 years, 200 years, 300 years later, become to be said that day and was a historic day" this presentation and a, and explain its significance. After that, I did the introduction of the "Pepper".

"Pepper" is open to the public Ginza store of Softbank shop in Omotesando from the 6th. It is expected to not only be looking at the "Pepper" simply, "Pepper" itself moves around the store, also performs customer support.

Plan so that it referred to as a "personal robot", to sell to the general households. Price (excluding tax) 198,000 yen, I will be able to purchase in the online store of Softbank and Softbank shop from February 2015.

Features of Pepper is, but that they are a robot that is not just a robot, can measure communication with people equipped with "emotion recognition engine".

Equipped with Wi-Fi, connected to the data center in the cloud, we will provide feedback to each of "Pepper" knowledge, communication skills obtained SoftBank shops each home.

Plan in addition to the ability to communicate as a base, to also distribute SDK that can extend the functionality of the "Pepper" to develop an app that developers called "Roboapuri". At the venue, such as the demonstration of the play dialogue and talent also carried out, I was showing one end of the platform more attractive to developers.

1210mm × 425mm (height) (depth) × 485mm in (width), size 28kg weight. 12 hours or more if it is intended to be used in the shop drive time.

Moving speed 1.5cm height of the maximum speed 3km adjacent the movable step up. Communication is equipped with one group IEEE 802.11 a / b / g / n Wi-Fi of the (2.4GHz/5GHz), wired LAN (Ethernet port 1000base T).

It is equipped four satellite microphones to the top of the head, the sensor can detect the direction in which there are opposing human. Is mounted RGB camera two forehead part, to recognize a human face. Further, it is mounted 3D sensor is one, the touch sensor is three.

Gyro sensor one touch sensor is equipped with one each in the hand in the chest. The leg, sonar sensor to measure the distance of such an obstacle is two laser sensor is six, equipped with bumper sensor is three. In addition, I have also installed one gyro sensor.

Motor of 20 is built into the whole body, head and shoulders, elbow, wrist, hand, hip, knee to move freely. It is equipped with touch display of 10.1 inches in the chest, you can view a variety of content and color that represents the feelings of Pepper, by the application that you prepared.

OS is compatible with robot ALDEBARAN Robotics SAS to adopt a "NAOqi OS", was co-developed already provides and the "NAO". The plans may be in the "Pepper" applications developed in the "NAO" for, to move in the "NAO" applications developed in the "Pepper" for.
//////
 世界アプリに向けてメモ(「家電」「漫画」「ロボット」)

To the world application note ("consumer electronics", "cartoon", "robot")
日本の優れているものトップ3は「家電」「漫画」「ロボット」 - 電通
//////
" Consumer electronics ", " cartoon " as the top three is better in Japan "robot" - Dentsu

The 2nd the 6th , to overseas goods and services that leverage the strengths of Japanese culture and in the " Cool Japan " related business , Dentsu has announced the results was carried out in 18 countries and regions of the "Japan Brand Survey 2014 " .

Countries and regions that made the survey this time , China , Hong Kong , South Korea , Taiwan , India , Singapore , Thailand , Indonesia , Malaysia , Vietnam , the Philippines , the United States , Brazil , the United Kingdom , France , Germany , Italy , Russia .

Data obtained in the survey was summarized in the cut end of the four degree of favor to Japan , the degree of interest to the things of Japan , interest - degree intention , that will visit Japan / intention degree , to the Japanese food .

When asked the "Do you like that in Japan" , Vietnam , then score 's was the highest result in the Malaysia and Thailand , ASEAN countries accounted for the upper .

People highly favor degree answered " love " that of Japan , it was found that in comparison with the whole , interests ( fashion , characters , and movies ) to the content and subculture of modern high .

South Korea , the United States, the United Kingdom , Germany , Russia favor the degree as a whole was not high , the tendency is strong to those who answered " love " that of Japan and Korea "music" , in the UK and " anime and manga in Germany and the United States " , " fashion " , interest , interest in Japan's " movie " is was relatively high in Russia .

When asked what you think in the things of Japan to be " excellent " , the top three was "AV consumer electronics in Japan" " anime and manga of Japan " and " Robotics in Japan" . This varies by region , food, anime , manga and Japanese hot spring trip , became the " Japanese garden " in the Western countries technology of Japan and East Asia in the ASEAN countries .


//////
日本の優れているものトップ3は「家電」「漫画」「ロボット」 - 電通

電通は6日2日、日本の文化や強みを生かした商品やサービスを海外展開する「クールジャパン」関連事業において、18ヵ国・地域で実施した「ジャパンブランド調査2014」の結果を発表した。

今回調査を行った国・地域は、中国、香港、韓国、台湾、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、アメリカ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア。

同調査で得られたデータは、日本への好意度、日本の物事への関心度、日本食への関心・意向度、訪日予定/意向度、という4つの切り口でまとめられた。

「日本のことを好きかどうか」を質問したところ、最もスコアが高かったのはベトナム、次いでマレーシアとタイという結果となり、上位はASEAN諸国が占めた。

日本のことが「とても好き」と回答した好意度の高い人は、全体に比べ、現代のサブカルチャーやコンテンツ(ファッション、キャラクター、映画など)への興味・関心が高いことがわかった。

全体としての好意度が高くなかった韓国、アメリカ、イギリス、ドイツ、ロシアで、日本のことが「とても好き」と回答した人にその傾向が強く、韓国では「音楽」、イギリスでは「アニメ・漫画」、アメリカとドイツでは「ファッション」、ロシアでは「映画」に関する日本への興味・関心が相対的に高かった。

日本の物事の中で「優れている」と思うものを聞いたところ、上位3つは「日本のAV家電」「日本のアニメ・漫画」「日本のロボット工学」となった。これは地域によって異なり、ASEAN諸国では日本の技術、東アジアでは日本の食・アニメ・漫画・温泉旅行、欧米各国では「日本庭園」となった。
//////


rikezyo00sumaho at 07:16|PermalinkComments(0)