決定打ない「スマート化」の今後

2014年05月28日

決定打ない「スマート化」の今後(Future is not decisive of the "smarter")

決定打ない「スマート化」の今後
Future is not decisive of the "smarter"
//////
Or material running out "smart" . Or even , new areas or spread

My name is Samsung plans to announce soon a smart watch that can be call by itself .
By July smart watch that you can call Samsung , smartphone without rice paper and expected formal announcement news : JBpress ( Japan Business Press )

But I guess what about . Impression Smart Watch list type , has expanded its use as a health goods that measures such as the amount of activity , but otherwise , not only to your convenience goods of branches derived from smartphone still has not wiped . Market is said to be the fastest growing , shipments last year at 19 million units , compared with 12 million units of shipments of smart phones , and I have the feeling that a niche market still .
Even been able to call how , it will be able to substitute a smartphone . Pretty , wearable terminal also does not come appeared the concept of as quite decisive is , new applications and Ru Tokekome to life or will can not be found . From the image of the device of the time scoop hunter , if you remove the Time Warp function , it becomes a communication device just small .
TSH

If niche applications , I feel the possibility of more of a small venture with a sense ideas and Umidaseru products and systems unique . It may be areas not suitable for Samsung to be chasing scale , and challenged to a strong opponent in the least , take away market share in combat are good .
IWatch Apple product or great than the smart watch of Kairos - iPhone Mania

There is a rumor that Apple may come to release the iWatch now already but , in any form , or will come to provide any new applications . It is going to be a touchstone innovation force of Apple , the concept of creativity is what still remains .
[ Updated ] Apple iOS equipped watch " iWatch " up-to-date information [ price , specifications , images, video ] - NAVER Summary

It is Samsung opted to show momentum , such as the rising dragon in the smartphone market , to occupy the top market share , but dropped slightly to 31% from 32% in year-on-year market share , to peak soon in the first quarter of this year I let you feel that what led to . It seems that the challenge in various ways , but the new areas to be decisive is not Umidase and images Japanese consumer electronics manufacturer will overlap . To edged , might be going to be taken to the share of the smartphone manufacturer in China in this state .

However , Samsung is to demonstrate the strength of the other party to be defeat is have been fixed , you have to demonstrate competence does not go and we have goals that overthrow SONY as in the case of a 4K TV . It is a strategy pattern assortment and low offensive First, let's Possession , that will also build brand image .
Japan urges (1 /2) is driven by the low price of the offensive aspects of Korean force of the global price competition 4K TV , as early | Business Journal

But even if there are various initiatives and challenge and " smart phone after " and " tablet after " , decisive is not come out it is not quite as long as Samsung . Google also Apple also has or entered the automotive field , but markets such as this does not mean that open yet .

There was an article Apple , going to show at WWDC next week of the platform of " leading consumer electronics " of security systems such as lighting . World (Internet of Things) Internet of Things is likely to have begun to realize finally , it is attention upon this place that seems to clash with Google , what to take the distance between the consumer electronics manufacturers further , in order to check come out any business model , to see the sights , spectacular is quite likely .
//////
「スマート」もネタ切れか。はたまた、新分野が広がるか

サムスンが、単体で通話が可能なスマートウオッチをまもなく発表する計画といいます。
サムスン、スマホなしで通話できるスマートウォッチ 7月までに正式発表の見込みと米紙が報道:JBpress(日本ビジネスプレス)

しかしどうなんでしょうね。リスト型のスマートウォッチは、活動量などを測定する健康グッズとしての用途を拡大しましたが、それ以外では、まだまだスマートフォンから派生した枝のお便利グッズにすぎないという印象が拭えません。市場は急成長しているとはいえ、昨年の出荷台数が1900万台で、スマートフォンの出荷台数の12億台から比べれば、まだまだニッチな市場という感じでしょうか。
いかに通話ができても、スマートフォンで代替できてしまいます。ウェアラブル端末もなかなか決定打としてのコンセプトが登場してこないのは、結構、生活に溶け込める新しい用途が発見できないからでしょうか。タイムスクープハンターの装置のイメージから、タイムワープ機能を抜いたら、ただの小型の通信機となってしまいます。
TSH

ニッチな用途であれば、アイデアやセンスのある小さなベンチャーのほうが個性的な製品やシステムを生み出せる可能性を感じます。規模を追いかけ、後発で強い相手に挑んで、戦闘でシェアを奪うことが得意なサムスンには向いていない分野かもしれません。
アップルのiWatchはKairosのスマートウォッチよりも素晴らしい製品か - iPhone Mania

アップルももうそろそろiWatchをリリースしてくるという噂がありますが、どんな姿で、どんな新しい用途を提供してくるのでしょうか。アップルのイノベーション力、コンセプト創造力がまだ残っているのかの試金石になりそうです。
【更新中】アップル iOS搭載腕時計「iWatch」最新情報【価格・スペック・画像・動画】 - NAVER まとめ

スマートフォン市場で昇り龍のような勢いを見せ、トップシェアを占めるにいたったサムスンですが、今年の第一四半期にはシェアが前年同期の32%から31%へとわずかながら落し、そろそろピークに至ったのかと感じさせます。いろいろとチャレンジしているようですが、決定打となる新分野が生み出せないのは日本の家電メーカーとイメージが重なります。このままではじりじりと、中国のスマートフォンのメーカーにシェアをとられていくのかもしれません。

ただ、倒すべき相手が定まっていると強さを発揮するのがサムスンで、4Kテレビの場合のように打倒SONYという目標を掲げるといかんなく力量を発揮してきます。安値攻勢と品揃えでまずは相手を圧倒し、ブランドイメージも築いていくという戦略パターンです。
4Kテレビ、早くも世界的価格競争の様相 中韓勢の安値攻勢で追い込まれる日本勢(1/2) | ビジネスジャーナル

しかしなかなか「スマートフォン後」や、「タブレット後」の構想やチャレンジはいろいろあっても、決定打がでてこないのはサムスンに限りません。グーグルもアップルも自動車分野に参入したりしていますが、まだこれといった市場が開けたわけではありません。

アップルが、照明やセキュリティーシステム等の「つながる家電」のプラットフォームを来週のWWDCで披露するという記事がありました。いよいよモノのインターネット(Internet of Things)の世界が現実味を帯びてきそうですが、こちらもグーグルと激突しそうなうえ、さらに家電メーカーとどう距離をとるのか、どんなビジネスモデルをだしてくるのかが注目され、見物するには、なかなか見応えがありそうです。

//////
Apple entered the " smart home " is now

Such as home security systems that use " iPhone "
According to the report of the British Financial Times , Apple that is developing a home automation system that is referred to as a " smart house " or " smart home " .

Apple will hold the world developer conference (WWDC) in San Francisco on June 2 to 6 . External developers who work on app to work with hardware (OS) and the company's basic software , services , and equipment are a large number participate in this .

Apple In that venue , that it is planning to announce how it works with the software foundation of the home automation system .

If this is achieved , operation using iPhone and iPad (iPhone) and (iPad), home security system and lighting system that can control that appears .

Software infrastructure , external companies also available
Apple seems not to jointly develop a lighting system with an external company That said . Company to provide the software infrastructure to the last.

Manufacturers to adopt it , developed a device corresponding to each , such as iPhone , I sell . Financial Times is notify them that I thought that Apple wants to make such a mechanism .

There is the example that was similar to this is Apple . Vehicle system to work with iPhone " Car Play (CarPlay) ," said short-range wireless communication function "eye beacon (iBeacon) ," said .

In the former , the new models by major car manufacturers to release this year , When you plug in the connector the iPhone , you can activate the voice assistant " Siri (Siri) " and at the push of a button on the handle , touch the screen in the dashboard it becomes possible to take advantage of the iPhone app .

The car manufacturers to adopt this car play , some Toyota , Honda , Nissan , Mitsubishi , Fuji Heavy Industries Ltd. , Suzuki according to Apple .

In overseas manufacturers , Peugeot Citroen group Volvo BMW Group and Mercedes -Benz of Germany , Ford Motor , the U.S. General Motors (GM), of Sweden , British Jaguar Land Rover , of France , Hyundai of South Korea also decided to adopt have .

Eye beacon of the latter , as a service of commercial facilities for indoor , Apple introduced its own store in the " Apple Store " first . For example, when a customer enters the store , I receive in the iPhone and store information, such as the map , and discount coupons . In addition, approaches to certain goods , to display photos of the product , video , price , reviews, information of social media .

In addition to the store side Once you have set up here and there the sensor terminal , it is possible to provide customers with detailed product information and special offers , it is possible to understand the behavior patterns of customers in the store , it can be used in marketing . Apple has developed the Apple store in the United States 254 locations this service . I have done the experiment of services using this technology in the JC Penney and Macy's department store in the U.S. major .

Certification mark system , also in Smart Home
Apple support to its products , thereby providing a certification mark and " Made for iPhone " in electronic accessories products to meet the performance criteria established by the company .

According to the Financial Times , to introduce a certification mark system similar to the smart home infrastructure the company to deploy new . In such products, the newspaper has been told and sold in the online store and the true store of Apple direct management .

Approach that is different from the Samsung
Seen in this light , the aim of Apple , said that it is likely expansion of ( ecosystem ) ecosystem surrounding the OS and hardware of their own . Smartphone year shipment forecast for this year by the U.S. IDC has published , forecast at about 1.2 billion units of 19.3% from the previous year , and slowed down as compared to last year , which was strong in the growth and 39.2% increase .

Against this backdrop , asked to develop an external company equipment and systems to work with their technology , and expand the use of the iOS platform . Apple seems to think such an approach .

It's a technique that is different from the South Korea Samsung Electronics dealing their own smart home appliances such as refrigerators and washing machines .

///////
アップル、今度は“スマートホーム”に進出

「iPhone」を利用するホームセキュリティシステムなど
 英フィナンシャル・タイムズの報道によると、米アップルは“スマートホーム”あるいは“スマートハウス”などと呼ばれるホームオートメーションシステムを開発しているという。

 アップルは6月2~6日に米サンフランシスコで世界開発者会議(WWDC)を開催する。これには同社の基本ソフト(OS)やハードウエアと連携するアプリ、サービス、機器などを手がける外部開発者が多数参加する。

 アップルはその会場で、ホームオートメーションシステムのソフトウエア基盤とその仕組みを発表する計画だという。

 これが実現すれば、アイフォーン(iPhone)やアイパッド(iPad)などを使って操作、制御できる照明システムやホームセキュリティシステムが登場するという。

ソフトウエア基盤、外部企業も利用可能に
 とは言ってもアップルが外部企業と照明システムなどを共同開発するわけではないようだ。同社が提供するのはあくまでもソフトウエア基盤。

 それを採用するメーカー各社が、それぞれアイフォーンなどに対応する機器を開発、販売する。そうした仕組みをアップルは作りたい考えだとフィナンシャル・タイムズは伝えている。

 アップルにはこれと似た実例がある。アイフォーンと連携する車載システム「カープレイ(CarPlay)」と、近距離無線通信機能「アイビーコン(iBeacon)」だ。

 前者では、大手自動車メーカーが今年発売する新モデルで、アイフォーンをコネクターでつなぐと、ハンドル上のボタンを押して音声アシスタントの「シリ(Siri)」を起動させたり、ダッシュボードのスクリーンをタッチしてアイフォーンのアプリを利用したりできるようになる。

 アップルによるとこのカープレイを採用する自動車メーカーには、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、三菱自動車、富士重工業、スズキがある。

 海外メーカーでは、ドイツのメルセデス・ベンツとBMWグループ、米フォード・モーター、米ゼネラル・モーターズ(GM)、スウェーデンのボルボ、英ジャガー・ランドローバー、フランスのプジョーシトロエングループ、韓国の現代自動車も採用を決めている。

 後者のアイビーコンは、屋内商業施設向けのサービスとして、まずアップルが自社の店舗「アップルストア」に導入した。例えば顧客が店舗に入ると、地図などの店内情報や、割り引きクーポンなどをアイフォーンで受け取れる。またある商品に近づくと、その商品の写真、動画、価格、評価、ソーシャルメディアの情報などを表示する。

 店側がセンサー端末をあちらこちらに設置しておけば、細かな商品情報や特典を顧客に提供できるほか、店内の顧客の行動パターンを把握でき、マーケティングに利用できる。アップルはこのサービスを米国254カ所のアップルストアで展開している。米百貨店大手のメーシーズやJ.C.ペニーでもこの技術を使ったサービスの実験を行っている。

認定マーク制度、スマートホームにも
 アップルは同社製品に対応し、同社が定める性能基準を満たす電子アクセサリー製品に「Made for iPhone」といった認定マークを付与している。

 フィナンシャル・タイムズによると、同社が新たに展開するスマートホーム基盤にも同様の認定マーク制度を導入する。そうした関連製品は、アップル直営の実店舗やオンラインストアで販売されると同紙は伝えている。

サムスンとは異なるアプローチ
 こうして見ると、アップルの狙いは、自社のハードウエアやOSを取り巻くエコシステム(生態系)の拡大と言えそうだ。米IDCが公表した今年のスマートフォン年間出荷台数予測は、前年比19.3%増の約12億台で、39.2%増と高い伸びで推移した昨年に比べて鈍化する見通し。

 そうした中、自社の技術と連携する機器やシステムを外部企業に開発してもらい、iOSプラットフォームの利用拡大を図る。アップルはそんなアプローチを考えているようだ。

 これは、冷蔵庫や洗濯機などのスマートホーム家電を自ら手がける韓国サムスン電子とは異なる手法だ。

//////


rikezyo00sumaho at 07:45|PermalinkComments(0)