ツイッター利用アプリ?(世界中の気分を把握)

2014年05月22日

ツイッター利用アプリ?(世界中の気分を把握)

ツイッター利用アプリ?(世界中の気分を把握)
//////
To understand the mood of the world from the post of Twitter , the new tool of Australian researchers

The 20th , the research team of AFP = [ current events ] Australia has announced a tool that leverages the tweets of users Twitter micro-blogging (Twitter), to understand in real time around the world " mood " . Future , can help to improve placement of various services related to mental health are expected .

Crime in the prediction tweet analysis , the U.S. college teams report

This tool " We Feel " , can be analyzed 32,000 tweets per minute , which corresponds to about 10% of the posts of English , joy and affection , surprise , 600 words related to feeling anger , sadness , and fear are analyzing .

Principal investigator (Black Dog Institute), Helen Christensen Australian Black Dog Institute , which specializes in the diagnosis and treatment of mood disorders such as depression , the prevention (Helen Christensen) said , worldwide data of " We Feel " it is used to monitor the feelings of the people and communities of , to talk about would be " ultimately , to predict the likelihood when and where services to save the lives of what is required " to those .

And is also added, " Do not underestimate the power of this information . Currently , public health programs and related mental health researchers , are using the demographic data of the previous five years or more" also .

Twitter , which is said to boast a number above 200 million 55 million monthly active users . Analysis of such an enormous amount of data has been carried out under the cooperation the U.S. Internet retail giant Amazon dot com (Amazon.com) (Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation, CSIRO) and the Australian Commonwealth Scientific and Industrial Research Organization .

It corresponds only to post in English now . Website , " wefeel.csiro.au " . [ Edit ] Translation AFPBB News
//////
ツイッターの投稿から世界中の気分を把握、豪研究者の新ツール

【AFP=時事】オーストラリアの研究チームは20日、マイクロブログのツイッター(Twitter)の利用者のつぶやきを活用して、世界中の「気分」をリアルタイムで把握するツールを発表した。今後、メンタルヘルスに関わる各種サービスの配置改善に役立つことが期待されている。

ツイート分析で犯罪予知、米大学チーム報告

 このツール「We Feel」は、英語の投稿の約10%にあたる毎分3万2000ツイートを分析することが可能で、愛情や喜び、驚き、怒り、悲しみ、恐れなどの感情に関連する600単語を解析している。

 うつ病などの気分障害の診断や治療、予防を専門とする豪ブラックドッグ研究所(Black Dog Institute)の主任研究者、ヘレン・クリステンセン(Helen Christensen)氏は、「We Feel」のデータが世界各地の人々や地域社会の感情を監視するために使われ、「究極的には、命を救うためのサービスがいつどこで必要になるかの可能性を予測する」ものになるだろうと語る。

 また「この情報の力を見くびってはならない。現状では、メンタルヘルス研究者や関連の公衆衛生プログラムは、5年以上も前の人口統計データを使用している」とも付け加えている。

 月間アクティブユーザー数2億5500万人を上誇るとされるツイッター。その膨大なデータの分析は、オーストラリア連邦科学産業研究機構(Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation、CSIRO)と米インターネット小売大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)の協力の下で行われている。

 現在は英語の投稿にのみ対応している。ウェブサイトは、「wefeel.csiro.au」。【翻訳編集】 AFPBB News
//////


rikezyo00sumaho at 07:30|PermalinkComments(0)