2014年06月

2014年06月30日

YouTube、クリエイター向けチャンネル管理公開、60fps対応も発表

YouTube、クリエイター向けチャンネル管理公開、60fps対応も発表

//////
YouTube, creators channel management for public, 60fps also supports announced 

The 26th, as a new feature new services and creators who are delivering a video on YouTube, mobile apps channel or administrative "YouTube Creator Studio", YouTube in the U.S. Google affiliated sound effects to the audio library that can be used free of charge I announced the addition of, and support for 60fps video. 



The "YouTube Creator Studio", app creators can manage a YouTube channel of its own. For Android app has already been published, iOS for app coming soon. I can check the statistics such as enrollment and Views channel, check and reply to comments and messages, and customize the push notification. 

The audio library where you can download music and royalty-free that can be used in the video, it was recorded the sound effects "audio" tab is added. Various types of audio sound voice of the baby, the door is open, and impact sound can be downloaded. 

In addition, it announced that it supports the video of 60fps and 48fps in the coming months. It has to be able to get the videos and games, sample has been published in the "YouTube Creators" channel. 

In addition, it was announced users can donate money to and creators "Fan Funding" function tags the Artist was collaboration in the video "Creator Credits" function, a function that can be attached and translated subtitles in video fan.
//////
YouTube、クリエイター向けチャンネル管理公開、60fps対応も発表

米Google傘下のYouTubeは26日、YouTubeで動画を配信しているクリエイター向けの新サービスや新機能として、チャンネル管理用のモバイル向けアプリ「YouTube Creator Studio」や、無料で使えるオーディオライブラリへの効果音の追加、60fps動画への対応などを発表した。



 「YouTube Creator Studio」は、クリエイターが自身のYouTubeのチャンネルを管理できるアプリ。Android向けアプリがすでに公開されており、iOS向けアプリは近日公開予定。チャンネルの視聴数や登録者数などの統計情報の確認、コメントやメッセージの確認・返信、プッシュ通知のカスタマイズなどを行える。

 動画に利用できる著作権フリーの楽曲などをダウンロードできるオーディオライブラリには、効果音などを収録した「音声」タブが追加。赤ちゃんの声、ドアが開く音、衝撃音といった各種の音声がダウンロードできる。

 また、今後数カ月以内に48fpsと60fpsの動画をサポートすることを表明。ゲームなどの動画に活用できるとしており、「YouTube Creators」チャンネルでサンプルが公開されている。

 このほか、ユーザーがクリエイターに資金を寄付できる「Fan Funding」機能や、動画でコラボレーションしたクリエイターにタグを付ける「Creator Credits」機能、ファンが動画に字幕や翻訳を付けられる機能などを発表した。
//////
 ソニー、2015年よりテレビに「Android TV」を全面採用へ

//////
Full to adopt "Android TV" in Sony TV, from 2015 



Answer to interview about the TV business in the new company, and reiterated the TV business surplus in the 2014 fiscal year, Imamura Masashi, who will serve as the new president television subsidiary of Sony to be launched from July 1 of the "Sony Visual Products" is further , from fiscal 2015 as the OS of BRAVIA, was announced developer conference June 25 (local time), was held in San Francisco in "Google I / O 2014", TV platform for using Android to "Android TV" it was stated that it adopted the entire surface. 



"Sony. Google I that warp weft, the value of Sony's unique, to advance the work going weaving strong cloth those of horizontal division of labor, such as the. Liquid crystal panel I would like to be the" tapestry "the TV business in the future / to many lines of BRAVIA of. fiscal 2015 that I was also participating, to adopt the Android L to O. impossible that Sony itself, to develop a new OS now. those customers easy-to-use bench . 3 years ago, I want to go to match the BRAVIA to Andorid L that. Google to choose as the weft is proposed, and gave the world was using the Android together with Google to "Google TV", but with at that time, but also the environment of Google whole and collaboration in the ecosystem and Google. Sony environment Sony also has changed, but I want to do well be where they weave the warp. above all, or you can use for the TV happily How convenient to you important. I can not described in detail, to proceed in such policy "

As for the TV business surplus in the 2014 fiscal year in the new company, "As for me himself, we believe that it is possible as long as there are no factors such as natural disaster" and did on confident, "Visual Products a" company name ". profitable after that said in-house it is, and I did not put a TV dare,. BRAVIA and, want to be a window to reflect the excitement for making things reflect the new value, in Tokyo before the Olympics, TV new definition it was also revealed in the future policy to be "want to make.
//////
ソニー、2015年よりテレビに「Android TV」を全面採用へ



7月1日より発足するソニーのテレビ子会社「ソニービジュアルプロダクツ」の新社長に就任する今村昌志氏は、新会社でのテレビ事業に関する取材に答え、2014年度のテレビ事業黒字化を改めて強調、さらに、2015年度からBRAVIAのOSとして、6月25日(現地時間)、サンフランシスコで開かれた開発者会議「Google I/O 2014」で発表された、Androidを使ったテレビ向けプラットフォーム「Android TV」を全面採用すると明言した。



「ソニーはこれからのテレビ事業を『タペストリー』のようにしたい。液晶パネルのような水平分業のものを横糸、ソニー独自の価値を縦糸に、強固な布を織っていく作業を進めたい。Google I/Oには私も参加していた。2015年度のBRAVIAの多くのラインに、Android Lを採用する。今ソニー自身が、新しいOSを開発することはあり得ない。お客様がベンチで使いやすいものを横糸として選ぶ。Googleが提唱するAndorid LにBRAVIAをあわせていきたい。3年前、Googleと一緒にAndroidを使った『Google TV』を世に出したが、その時とは、Google全体の環境も、ソニーの環境も変わっている。ソニーとGoogleはエコシステムで協業するが、そこで縦糸を織ることはしっかりとやっていきたい。なにより、お客様にどのように簡便で楽しくテレビを使っていただけるかが重要。詳細はご説明できないが、そういう方針で進める」

 また、新会社での2014年度のテレビ事業黒字化については「私本人としては、天災などの要因がない限り可能だと考えている」と自信を見せた上で、「社名を『ビジュアルプロダクツ』とし、あえてテレビとつけなかったのは、新しい価値を映し出すものを作るため。BRAVIAは感動を映し出す窓になりたい、と社内では言っている。黒字化後、東京オリンピック前には、新しい定義のテレビを作りたい」と今後の方針も明かした。
//////



「モンスト」でミクシィ急回復 利用者900万人突破、伏兵はLINE 半年先不明

「モンスト」でミクシィ急回復 利用者900万人突破、伏兵はLINE
//////
9 million people break through mixi rapid recovery in the user "Monsuto", ambush the LINE 

Performance membership social networking site which fell into the red (SNS) leading, Mixi is recovering rapidly. Tow to (seal of approval) billing revenue "monster Strike (aka-Monsuto)" of the smartphone game (high-performance mobile phone) for. User's momentum on the heels of "Puzzle & Dragons (Pazudora)" in the smartphone game for the Gung Ho Online Entertainment that topped 900 million people in the world, was a big hit at about 9 months from the launch of October last year. However, there is also a voice that concern the management of ups and downs is to ask the intense game, "next move" is being questioned as early. 

"Individual investors had checked frequently, when Monsuto are to pull out Pazudora". Game makers officials point out this. May 15, Monsuto took the top spot from Pazudora the first time in the sales rankings of Apple apps (application software) site of the "App Store". 

Then, upward trend is followed by stock price of mixi. One o'clock, and with a 19,640 yen 2,600 yen the previous day, was approaching 2 million units in the June 18 before the stock split. As compared with the closing price of the same day one year ago and (¥ 1,456), it's nearly 13-fold. Fall in the final deficit of 200 million 53 million yen in April-June quarter of 2001, mixi the surface of the downturn. This is because the demand is deprived of the U.S. Facebook in SNS, the rise of emerging powers LINE of smartphone for free calls, e-mail services such as (line) is also sounded. 

And take off to the president to change Yusuke Asakura from Mr. Kenji Kasahara founder to June 13. One of the new businesses Asakura is laid out was a game for smartphones. Monsuto's Sumahogemu to become the fourth work. It can be enjoyed with friends and convenience is called popular, Monsuto topped 300 million people users in February this year. Expand in Taiwan from May, and is increasing in leaps and bounds 8 million people to June 4, and 9 million people in the 24th. 

Contribution to performance is very large. The bulge to 40 billion yen of about 3.3 times in the year ended March 31, 15 years in the planning, consolidated net sales was 12.1 billion yen in the year ended March 31, 14 years, the bottom line is also 6 billion yen from a loss of 200 million 27 million yen I converted to surplus. It is expected Monsuto is churn out about 30 billion yen of sales, voice "mixi is a leading Sumahogemu now" and (industry participants) also leak. 

In the 24th this month, Morita Hitoshimoto executive officer that presided over the launch of Monsuto was appointed president. And get all fired up to be "go spread (such as China) and overseas expansion is 2002". On the other hand, Pazudora of smartphone for was achieved 28 million downloads in the only country in May. Kazuki Morishita, president of Gung Ho Show confidence "Pazudora is not in the downward phase yet" he said. 

However, the figure of the ambush also flicker in the smartphone game for. I LINE. 9 title exceeded 10 million downloads of the game service in the "LINE GAME", gained popularity more than 43 million downloads "LINE POP" of this. 

Billing revenue also increases as the number of downloads is often Sumahogemu. For this reason, the game makers to introduce a huge advertising expenditures. However, it is recommended to know for the user play together, games LINE is growing at composition the download is extended. It's strength's serves as a "billboard" is the users themselves. 

The Sumahogemu industry voice of the "can not read at all what has been hit half a year destination" is also leaking from the game developers. It is not a wonder when even leading role change happening, of Monsuto "next" is becoming to affect the future composition of mixi.

//////
「モンスト」でミクシィ急回復 利用者900万人突破、伏兵はLINE

赤字に陥った会員制交流サイト(SNS)大手、ミクシィの業績が急速に回復している。牽引(けんいん)するのはスマートフォン(高機能携帯電話)向けのゲーム「モンスターストライク(通称・モンスト)」の課金収入。昨年10月の提供開始から約9カ月で利用者は世界で900万人を突破し、大ヒットしたガンホー・オンライン・エンターテイメントのスマホ向けゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」に迫る勢いだ。ただ、浮き沈みが激しいゲームを頼みとする経営には懸念する声もあり、「次の一手」が早くも問われている。

 「モンストがパズドラをいつ抜くかを、個人投資家は頻繁にチェックしていた」。ゲームメーカー関係者はこう指摘する。モンストは5月15日、米アップルのアプリ(応用ソフト)サイト「アップストア」のセールスランキングで初めてパズドラから首位を奪った。

 その後、ミクシィの株価は上昇傾向が続く。株式分割前の6月18日には一時、前日比2600円高の1万9640円を付け、2万円台に迫った。1年前の同じ日の終値(1456円)と比べ、ほぼ13倍だ。ミクシィは13年4~6月期に2億5300万円の最終赤字に陥り、業績悪化が表面化。SNSでは米フェイスブックに需要を奪われ、スマホ向け無料通話・メールサービスのLINE(ライン)など新興勢力の台頭も響いたためだ。

 13年6月には創業者の笠原健治氏から朝倉祐介氏への社長交代に踏み切る。朝倉氏が打ち出した新規事業の一つがスマホ向けゲームだった。モンストは4作目となるスマホゲームだ。手軽さや友人と楽しめることが人気を呼び、モンストは今年2月に利用者が300万人を突破。5月から台湾でも展開し、6月4日に800万人、24日には900万人とうなぎ上りで増えている。

 業績への貢献度は極めて大きい。14年3月期に121億円だった連結売上高は、計画では15年3月期に約3.3倍の400億円に膨らみ、最終損益も2億2700万円の赤字から60億円の黒字に転換する。売上高のうち約300億円をモンストが稼ぎ出すと見込んでおり、「ミクシィは今やスマホゲーム大手」(業界関係者)との声も漏れる。

 今月24日には、モンストの立ち上げを取り仕切った森田仁基執行役員が社長に就任。「14年度は(中国など)海外展開を広げていく」と意気込む。一方、スマホ向けのパズドラは5月に国内だけで2800万ダウンロードを達成した。ガンホーの森下一喜社長は「パズドラはまだ下降局面に入っていない」と自信を見せる。

 ただ、スマホ向けゲームでは伏兵の姿もちらつく。LINEだ。ゲームサービスの「LINE GAME」では9タイトルが1000万ダウンロードを突破し、このうち「LINE POP」は4300万ダウンロードを超える人気を集める。

 スマホゲームはダウンロード数が多いほど課金収入も増える。このため、ゲームメーカーは多額の広告宣伝費を投入する。だが、LINEのゲームは利用者が一緒に遊ぶために知り合いに薦め、ダウンロードが伸びる構図で成長している。利用者自身が“広告塔”の役目を果たしているのが強みだ。

 ゲーム開発者からは「半年先に何がヒットしているか全く読めない」との声も漏れるスマホゲーム業界。主役交代がいつ起きても不思議ではなく、モンストの「次」がミクシィの将来を左右する構図になりつつある。
//////


革新あるか? 初代iPhone米国発売から7年

革新あるか? 初代iPhone米国発売から7年

//////
7 years have passed today, since it was (in the context of today. Difference Fri 29 Jun 2007) first generation iPhone 2007 年 (GSM version) launched in the United States. Because there is no GSM network, six years have passed since the iPhone3G (gold) is also sold in the world in relation to the earliest of the time difference on Jul 11, 2008 next day in the Japanese market. 

Seven years since then, the world has changed a lot. Feature phones in Japan was the standard, which is also referred to masochistic Garake own and (Galapagos Mobile), Galapagos nation, smartphone came to be called by the abbreviation of its own just as a "smartphone". The earphone of white Sasari ears of the people, while listening to the iPod, the sight of the train, had a paper medium in hand (2008 in Japan) before 2007. It's books and magazines and newspapers. However, later, in the hands of the people, the transition to a "smartphone", while "viewing" a smartphone, you are Kyoji messenger and SNS games, news, such as LINE in hand. Even while they emerged in society realistic, always, attached straps on the side that is in the cloud in the "social" interest in mind. 

Anymore, and I feel it much without hearing even music in relation to battery, More people to silently read the screen without the earphones has increased. In addition, up to snatching an accident of "walk smartphone" occurs frequently, aimed at the "walk smartphone" have appeared. 

In iPhone3G of 2008 and the original iPhone in 2007, it was functional even copy and paste can not be. However, even where there is no Wi-Fi network, and paid apps and free apps, purchasing behavior that could not be a place that can be Internet access using the communication network of the carrier, only to purchase the music in itunes is, the application software no market, that Sumahoapuri also was born. Was a revolutionary, it was not structured face the stock, it is not even made package, by Apple to manage all distribution, sales of 70% would be credited to the programmer. Apple will exploit 30% (laughs). It is also the flow regardless also can be a private company, instead people who sell a tens of millions of yen individual was born, deflation of the application software was promoted at once. And, all, the mechanism of social structure that is fully controlled by Apple was formed. 

The software of Adobe, package business that Adobe Suites is hundreds of thousands of yen to collapse, it is no longer forced to transition to monthly billing model, Google that Android, to some extent, it created a mechanism of platform entrusted with degrees of freedom, I was changed to instead of MicroSoft was the nemesis of former Apple. 

Once, even that was in the outside directors of Apple's Eric Schmidt of the former CEO of Google, come visible as the fact that it is not impossible to do now. The IT industry, while shaking hands with the right hand, the left hand, aspects that are each other's beat is always accompanied. A rival, it is of an ecosystem that is the ally. 

Finally, and today rumors of iPhone6 ??also comes to be seen here and there well, these days .... 
I will, if you guess from the Release Date of the past, September 14 2014 (gold) per, I feel rich most are doing. 
All, Friday's the Release Date of iPhone past. 

iPhoneGSM: 29 月 06 日 2007 (Fri) 
iPhone3G: 11 月 07 日 2008 (Fri) 
iPhone3GS: 19 日 06, 2009 (Friday) 
iPhone4: 24 日 06, 2010 (Thursday) 
iPhone4S: 14 月 10 日 2011 (Fri) 
iPhone5: 21 月 09 日 2012 (Fri) 
September 20 iPhone5s & 5c2013 (Fri) 

Already, in the version rushes to the sixth generation, tablet and TV, which are connected to the HDMI terminal, a clock, also, that each category further, I wonder if coming generations of one day, to be aggregated? 

2007, as I write this column to me is, .... 

"I have been made ??to appear a new interface on the Macintosh" mouse ", in Newton," gesture ", the iPod" scroll wheel and touch wheel ", the iPhone called" Multi-Touch "" 

"While the mobile terminal manufacturers put a QWERTY keyboard, where the computer manufacturer, to adopt a soft keyboard is a unique idea" 

From the company name, "Apple has to truncate the computer, but the new-concept of" digital hub in the sense of .... Broad sense, such as that by the iPhone, and connecting the TV and the wireless LAN by. AppleTV can be connected to a PC mobile "but I started "

http://blogs.itmedia.co.jp/knn/2007/01/ 

Soon, I think it not only evolution schedule of mere soaring,'s about time a drastic change is needed. Future that can be expected user Nantes uninteresting. Hopefully sincerely, not the idea of user demand, and I want you to hard sell to users with the ability of its own Apple. Rather, the future might be a era user API is released not by Apple to make creation.
//////
本日、2007年初代iPhone(GSM版)が米国で発売(2007年06月29日金。時差の関係で本日)されてから7年が経過した。日本市場ではGSM網がないため、翌2008年07月11日(金)のiPhone3Gが時差の関係で最も早く世界で販売されてからも6年が経過しようとしている。

あれから7年、世界は大きく変わった。スタンダードだった日本のフィーチャーフォンは、独自のガラケー(ガラパゴス化携帯)と自虐的に呼ばれ、スマートフォンは「スマホ」とまさにガラパゴス立国、独自の略称で呼ばれるようになった。電車の中の光景は、2007年以前(日本では2008年)は、人々の耳にはホワイトのイヤフォンがささり、iPodを聞きながら、手には紙媒体を持っていた。雑誌や新聞や書籍だ。しかし、それ以降、人々の手には、「スマホ」へと移り変わり、手にはスマホを「視聴」しながら、ゲームやSNS、ニュース、LINEなどのメッセンジャーに興じている。リアルな社会に顕在していながらも、心の関心は常に、クラウドにある側の「ソーシャル」に紐付いている。

もはや、バッテリーの関係で音楽さえも聞かずに、イヤフォンを使わないで画面を黙読する人の方が増えたくらいにも感じる。さらに、「歩きスマホ」の事故が多発し、「歩きスマホ」を狙ったひったくりまでも登場している。

2007年の初代iPhoneや2008年のiPhone3Gでは、コピー&ペーストさえもできない機能であった。しかし、Wi-Fi網がないところでも、キャリアの通信網を使ってインターネットアクセスできるところと、itunesで音楽を購買することしかできなかった購買行動が、無料アプリや有料アプリという、アプリケーション・ソフトウェアではない、スマホアプリという市場も誕生した。画期的だったのは、在庫を抱えず、パッケージも作らず、アップルがすべて流通を管理することによって、7割の売上がプログラマーへ振り込まれるという仕組みだった。Appleが3割搾取する(笑)。個人でも会社でも関係なく、個人で何千万円も売り上げる人が誕生した変わりに、アプリケーション・ソフトウェアのデフレ化が一気に促進された流れでもある。そして、すべては、Appleによる完全にコントロール化された社会構造のしくみが形成された。

Adobeのソフトウェアでは、何十万円もするAdobeスイーツというパッケージビジネスが崩壊し、月額課金モデルへと変遷さざるをえなくなり、GoogleはAndroidという、ある程度、自由度を委ねたプラットフォームの仕組みを作り上げ、かつてのAppleの宿敵であったMicroSoftの変わりへと変化した。

かつて、Googleの元CEOのエリック・シュミットがAppleの社外役員でいたことさえ、今となってはありえない事実のようにも見えてくる。IT産業は、右手で握手をしながら、左手では、殴りあっている様相が常につきまとうのだ。ライバルであって、盟友であるという生態系なのである。

いよいよ、iPhone6の噂もよく散見されるようになってきた今日、この頃…。
ボクは、過去の発売日から推測すると、2014年の9月14日(金)あたりが、一番濃厚な気がしている。
過去のiPhoneはすべて、金曜日が発売日なのだ。

iPhoneGSM: 2007年06月29日(金)
iPhone3G: 2008年07月11日(金)
iPhone3GS: 2009年06月19日(金)
iPhone4: 2010年06月24日(木)
iPhone4S: 2011年10月14日(金)
iPhone5: 2012年09月21日(金)
iPhone5s&5c2013年09月20日(金)

すでに、バージョンが6世代目へと突入する中、HDMI端子に接続されたTV、そしてタブレット、さらに時計と、各カテゴリーが、また、いつの日か、集約される世代やってくるのだろうか?

2007年、ボクは、こうコラムに書いていた…。

「Macintoshでは「マウス」、Newtonでは「ジェスチャー」、iPodでは「スクロールホイール&タッチホイール」、iPhoneでは「Multi-Touch」という新たなインタフェースを登場させてきている」

「携帯端末メーカーがQWERTYキーボードをつける中、コンピュータメーカーが、ソフトキーボードを採用するところがユニークな発想である」

「アップルが社名から、コンピュータを切捨てはしたが、iPhoneによって、携帯とPCを接続させこと。AppleTVによって無線LANとテレビを結んだことなど…。広義の意味での「デジタルハブの新・構想」がスタートした」

http://blogs.itmedia.co.jp/knn/2007/01/

そろそろ、単なる右肩上がりのスケジュール的な進化だけではなく、ドラスティックな変化が必要な頃だと思う。ユーザーが予想できる未来なんてつまらない。Appleにはユーザーのデマンド発想ではなく、独自の機能をユーザーに押し売りしてもらいたいと切に願いたい。むしろ、未来はAppleが作るものではなくAPIが開放されたユーザーが創造する時代なのかもしれない。



2014年06月27日

世界初「Android Wear」 開発メモ 搭載のスマートウォッチ「Gear Live」「LG G Watch」「Moto 360」が発表される

Googleは2014年6月26日に開催された「Google I/O 2014」で、以前発表されたウェアラブルプラットフォーム「Android Wear」ベースのスマートウォッチがサムスン電子、LG、Motorolaから発売されることを明らかにしました。

Press Release | Samsung Mobile Press

http://www.samsungmobilepress.com/2014/06/26/Samsung-Expands-Gear-Portfolio-with-Android-Wear-1

Media Resources | Samsung Mobile Press

http://www.samsungmobilepress.com/2014/06/26/Gear-Live

LG G Watch | powered by android wear

http://www.lg.com/global/gwatch/index.html

Moto 360 by Motorola

https://moto360.motorola.com/

Google I/O 2014

https://www.google.com/events/io
///////
 クルマ、TV、腕時計型端末…OS活用拡大<Android>

///////
<Android> car, TV, wristwatch-type terminal ... OS expanded use 

The 25th, [Washington] Osamu plain rice Google announced a new service that utilize terminal for basic software such as smartphones (OS) to "Android", linking television and car, and wearable terminal. By utilizing these services, it is possible to operate in a smartphone all TV cars, and wrist watch-type terminals. Users of the Android is up to one billion people in the world, Google's aim to broaden the width of the service by linking a variety of terminal, the equipment, enclose the user. 

◇ Google, new services announced 

And "android Auto" was announced in the event that Google has opened in San Francisco "Android TV". The "Auto", by connecting the vehicle to a smartphone, will be able to listen to music or navigation panel screen center by the driver of this. Operation is also possible with voice, just put a voice destination I left the hand to the handle, and can receive road information automatically, the user in consideration for safety. Expected that car In cooperation with automobile manufacturers in the world, including the Nissan and Honda, corresponding to Android by the end of the year will be released. 

The "TV", make it work with some TV Android smartphone equipped, service to enjoy the shows and movies. To tell the program name towards the smartphone, enhanced the convenience of information, such as the performer of the program and is projected on the screen of the TV. 

In addition, Google has already announced of wearable handsets that can be worn like glasses and watch the "Android-wear". On this day, in the United States start taking reservations wristwatch-type terminal LG Electronics and Samsung Electronics of South Korea is equipped with the OS. Features In cooperation with such a smartphone, it can be seen easily on the screen information such as arrival and departure of aircraft and weather forecast, you begin to sell it in Japan. 

Google announced "around the smartphone, using a terminal that can be connected to all, want to provide a seamless experience" and (company executives). Apple has also expanded the use of a smartphone, such as health care and the ability to operate the appliances and heating and cooling management, it is likely the key to competition in the future find ways to improve the convenience in daily life. 

◇ ◇ Android 

The U.S. smartphone Google has to offer, OS tablet devices for (basic software). "IPhone (iPhone)" while a dedicated, Android can be equipped in the terminal of any manufacturer in the U.S. The company's Apple "iOS". 2008 In the United States, equipped smartphone was released in 2009 in Japan. According to U.S. research firm IDC, OS another world share of smartphone of '13 Android 78.6%, iOS15.2%. On the other hand, in Japan, are Seria~tsu Android 54%, and iOS46%.
///////
<アンドロイド>クルマ、TV、腕時計型端末…OS活用拡大

【ワシントン平地修】米グーグルは25日、スマートフォンなどの端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」を活用し、車やテレビ、ウエアラブル端末などを連携させる新サービスを発表した。これらのサービスを利用することで、車やテレビ、腕時計型端末などを、すべてスマホで操作できるようになる。アンドロイドの利用者は世界で10億人に上っており、グーグルは多様な端末、機器を結びつけることでサービスの幅を広げ、利用者を囲い込む狙いだ。

 ◇グーグル、新サービス発表

 グーグルがサンフランシスコで開いたイベントで発表したのは「アンドロイド・オート」と「アンドロイドTV」。このうち「オート」は、スマホを車に接続することで、運転手が中央のパネル画面でナビゲーションや音楽鑑賞をできるようになる。音声でも操作が可能で、利用者はハンドルに手を置いたまま目的地を声に出すだけで、自動的に道路案内を受けられるなど、安全面にも配慮した。ホンダや日産自動車を含む世界の自動車メーカーと協力し、年内にアンドロイドに対応した車が発売される見通しという。

 「TV」は、アンドロイド搭載のスマホをテレビと連携させて、番組や映画を楽しむためのサービス。スマホに向かって番組名を言えば、テレビの画面上に番組の出演者などの情報が映し出されるなど利便性を高めた。

 このほか、グーグルは時計や眼鏡など身につけることができるウエアラブル端末向けの「アンドロイド・ウエア」をすでに発表している。この日は、韓国のサムスン電子とLG電子がこのOSを搭載した腕時計型端末の予約受け付けを米国で開始。スマホなどと連携し、天気予報や飛行機の発着などの情報を画面上で手軽に見ることができるのが特徴で、日本でも販売を始める。

 グーグルは「スマホを中心に、すべての接続可能な端末を使って、継ぎ目のない体験を提供したい」(同社幹部)と表明。米アップルも冷暖房の管理や家電の操作ができる機能や健康管理などでスマホの活用を広げており、日常生活での利便性をいかに高めるかが今後の競争のカギとなりそうだ。

 ◇アンドロイド◇

 米グーグルが提供するスマートフォン、タブレット端末向けのOS(基本ソフト)。米アップルの「iOS」は同社の「iPhone(アイフォーン)」専用なのに対し、アンドロイドはどのメーカーの端末でも搭載可能。米国では2008年、日本では09年に搭載スマホが発売された。米調査会社IDCによると、13年のスマホのOS別世界シェアはアンドロイド78.6%、iOS15.2%。一方国内では、アンドロイド54%、iOS46%と競り合っている。
///////
グーグル対応車、来年発売 ホンダ、スマホと接続

//////
Connection Google-cars, Honda released next year, with smartphone 


I found the 26th that Honda will launch in the U.S. in 2015, a vehicle that supports in-vehicle terminal for software [San Francisco] joint U.S. IT giant Google has developed the "Android Auto". To improve the usability of navigation and call it in concert with the smartphone. There is also aim to prevent accidents that occur while operating a smartphone during a run. 

Connect the vehicle terminal incorporating the smartphone using the (OS) Android operating system of Google "Android Auto", to operate on the screen of the in-vehicle terminal. Phone book that is stored in the smartphone is displayed, you can make a phone call simply by touching the screen, you can call without releasing the handle from both hands.
//////
グーグル対応車、来年発売 ホンダ、スマホと接続


【サンフランシスコ共同】米IT大手グーグルが開発した車載端末向けソフトウエア「アンドロイド・オート」に対応した車両を、ホンダが2015年に米国で発売することが26日分かった。スマートフォンと連動させて通話やナビゲーションの使い勝手を良くする。走行中にスマホを操作しながら起こる事故を防ぐ狙いもある。

 グーグルの基本ソフト(OS)アンドロイドを使ったスマホと「アンドロイド・オート」を組み込んだ車載端末を接続し、車載端末の画面で操作する。スマホに保存している電話帳が表示され、画面をタッチするだけで電話をかけて、両手をハンドルから離さず通話できる。
//////

 世界初「Android Wear」搭載のスマートウォッチ「Gear Live」「LG G Watch」「Moto 360」が発表される
//////
ここ
//////



2014年06月26日

米グーグルが腕時計型端末発売へ 7月、各国で一部の予約開始

米グーグルが腕時計型端末発売へ 7月、各国で一部の予約開始
//////
July to a wristwatch-type terminal release, the U.S. Google reservation start of some countries 

The 25th, [San Francisco] joint U.S. IT giant Google has announced a three wristwatch-type terminal as the first company. LG Electronics and Samsung Electronics of South Korea, Motorola undertakes the manufacturing, respectively. Made by LG has started accepting reservations through the Internet in various countries such as Japan and the United States of this. 22,900 yen in Japan, the price will be released in July at $ 229 in the United States. 

By the type to watch, was to be seen quickly by the user information such as incoming phone calls or emails want to know frequently. Outlook to be released in October Apple has also developed a wristwatch-type terminal, increased competition's inevitable. 

Reservation of Samsung also begin near accepted in Japan.
//////
米グーグルが腕時計型端末発売へ 7月、各国で一部の予約開始

【サンフランシスコ共同】米IT大手グーグルは25日、同社として初の腕時計型端末を3種類発表した。韓国のサムスン電子とLG電子、米モトローラがそれぞれ製造を請け負う。このうちLG製は日米など各国でインターネットを通じた予約の受け付けを開始した。価格は日本では2万2900円、米国では229ドルで7月に発売する。

 腕時計型にすることで、電話やメールの着信など利用者が頻繁に知りたい情報を素早く見られるようにした。腕時計型端末は米アップルも開発しており10月にも発売される見通しで、競争激化は必至だ。

 サムスン製の予約も日本で近く受け付けを始める。
//////